電気制御及びエネルギー分野の課題を懸命に解決しようと思います。

スマートファクトリー

「誰が」,「いつ」,「どこで」, 「何を」

するのか教えれくれるセンサーとセンサーからもらったデータを聚合したログデータ、そしてこれらを秩序よく処 理するインテリジェント・インベディッドシステムの構築や工程革新が必要な企業に適合なソリューションを提供。

何故スマートファクトリーが必要なのか

01.

スマートファクトリーは製品の開発、量産、市場の需要予測や企業のオーダー、 製品の出荷まで全ての製造過程を管理する。

02.

システムの複雑性増加

– モデュール方式使用

– 単一化した開発ツール使用

03.

ユーザー定義開発ソリューション

– 産業用プロトコル

– タイミング同期化必要

04.

消費者のニーズを反映

– すぐにできる機能定義

– プラットフォーム基盤のアクセス方式

Smart Factory System

smart_icon01

ユーザーパーソナライズ

– クラウドに最新のログ保存、迅速な読み込み。

– ユーザーに多様な作業空間提供。

– クラウド基盤プラットフォームで場所に関係なくインターネットさえできれば便利に利用可能

smart_icon02

データ統計提供

– 統合ダッシュボードから主要情報確認。

– 便利なユーザーインターフェース(UI)提供。

– 多様なグラフでログ情報の視覚化。

smart_icon03

Process model

– MapReduce algorithmを使った迅速な処理。

– 二つのプロセスモデルや二つのイベントの工程比較。

– 比較分析によるモデル間のFitness値確認。

smart_icon04

Log replay

– ログのアニメーションで工程分析。

– 実際の工程の流れや特定工程の遅延の原因把握。

– ボトルネック区間の発見や問題点の把握に容易。

例)事業進行手続き

smart_jp

ソリューション紹介(S/W)

SPI(Smart Factory Innovation)

smart01_jp-1