電気制御&エネルギー分野をリードする企業になるための大胆且つ賢明な挑戦

電気制御&エネルギー分野をリードする企業になるための大胆且つ賢明な挑戦

太陽光エネルギー事業

太陽光発電とは?

太陽光発電は太陽電池モジュールと発生した直流電圧を交流電圧に変換するインバーターなどでできている太陽光発電システムを使って太陽光を電気エネルギーに変換する発電方式です。

太陽光住宅とは?

太陽光住宅とは太陽電池モジュールを屋根、建具、屋上などに設置し、ここから発生した電気を利用する住宅のことです。

住宅支援事業での太陽光住宅への支援規模は1家具当たり3kw以下で、役23㎡の設置面積が必要です。

太陽光住宅の設置効果

太陽光発電は日陰の影響を受けない南向きにモジュールが設置されるとき一番効率がよく、住宅用の電力は累進制なので電力の使用が多ければ多いほどその効果は高まります。

例1

energy_01_jp

< 電力使用量が月450KWhの場合 >

太陽光住宅のメリットと施工例

– 無制限!!無公害で燃料費がかからない。

– 機会の振動や騒音のない低環境負荷エネルギー。

– 設置後の別度管理や稼働の維持費がかからない。

– 太陽光発電した電気を使い電気料金の節減を期待できる。

「一生の月給通帳」「太陽財テク」 太陽光発電事業(RPS)

「一生の月給通帳」「太陽財テク」 太陽光発電事業(RPS)

ビルの屋上、遊休地など全ての場所で高収益創出

rps_01
rps_icon_small

へドンエンジニアリングと一緒に心強い未来を設計しましょう。

– 役17%以上の高い有益性。

– 約 6年で施設投資費の回収可能。

– 政府との12年間の契約で安定的な有益保障。

– 太陽光モジュールの製品保証期間25年(実際使用期間30年以上)。

– ビルの屋上、屋根に設置したとき加重値1.5倍でより高い収益が発生。

rps_grid01

– 施工可能の可否確認

– 発電量と収益性分析

rps_grid02

– 最適発電容量の設計

– 製品(モジュール、インバーター)選定

rps_grid03

– 電気事業者

– 発電事業許可証

rps_grid04

– 施工/竣工

– 使用前の検査など

発電所施工例

住宅、商店街、工場、倉庫、畜舎、林野、塩田、栽培場、駐車場、ガソリンスタンドなど不動産所有主歓迎!

rps_03

*-ビルなど既存の施設物を使って設置する場合、1.5倍(50%)の加重値を適用してもっと高い収益があげられる。

最高の製品と原・ 副資材を使い、品質に安心できる高品格施工。

最高の製品と原・ 副資材を使い、品質に安心できる高品格施工。

ESS

(エネルギー貯蔵システム)

“Lifetime Salary Savings Account” “Sunlight Financial Technique” Photovoltaic System Business (RPS-Renewable Energy Portfolio System)

ess_01

– 専門人力の完璧なコンサルティング

– 体系的、安定的な設計・施工

– 最高の品質を提供

– 診断>設計/施工>成果検証

公共機関のエネルギー利用の合理化推進に対する規定(韓国)

第11 条(高効率エネルギー資機材使用)第5項

公共機関は契約電力1,000W以上の建築物に契約電力5%以上規模のESSを設置しなければならない。しかし、鎮台建築物、発電施設、電気供給施設、ガス供給施設、石油備蓄施設、上下水道施設、雨水ポンプ場などは除外

第11 条(高効率エネルギー資機材使用)第6項

公共機関は減築・増築の時、非常用の予備電源としてESSを優先的に適用する。

付則第2条(経過措置)

3. 第11条と第5条について、新築建物は2017.1.1(建築許可申請日基準)から適用し、既存の建築物は次に従う。

契約電力容量(kW)10,000 超過 5,000~10,000 2,000~5,0001,000~2,000
設置完了期間2017.12.312018.12.312019.12.312020.12.31

太陽連携ESS加重値設備基準

(産業通称資源部告示第2016-171号)

< 新再生エネルギー供給義務化制度及び燃料混合義務化制度の管理運営指針 >
[別度 2] 新再生エネルギー源別加重値

– 供給ESS設備の加重値は、RPS対象の太陽光発電設備と連携したESSの場合:

– 太陽光設備で10時から16時までの時間帯に蓄電池に充電し、それ以外の時間帯に放電する電力量に限って適用。

REC加重値 対象エネルギー基準
設置類型 細部基準
5.0 ESS設備(太陽光連携) 16年、17年
ess_02-1
  • 簡単に現場に設置できるシンプルでコンパクトなデザイン。
  • Battery Moduleの直/並列連結とBPU構成。
  • 柔軟なシステム設計とFam共助可能。
ess_03

ESSシステム構成図

ess_04-1