電気制御及びエネルギー分野の課題を懸命に解決しようと思います。

IPMC 波力発電機

海洋プラント用 IPMC電源

主制御 – 海洋エネルギー、イオンポリマー複合体、脱炭素化再生エネルギー、エネルギー獲得モジュール、家庭電器

核心技術 – 親水性EAPであるIPMCを使い、海洋エネルギーから連続的にエネルギーを収集できる技術です。

目標

IPMCの効率的な発電及び耐久性向上技術開発。

IPMC基盤海洋エネルギー収集モジュールの最適の設計及びプロトタイプ開発。

多分散発電モジュールの生産及び蓄電システム開発及び効率的な電送技術開発。

IPMC基盤エネルギー転換システム技術(素材/機器/システム)の産学協力開発を通じた企業別研究人力の育成。

産学協力開発を通じた商業技術開発及び商品化。

技術開発の背景

化石燃料の無分別な使用による環境汚染が日々深刻になるにつれて、環境を傷つけないで持続的に供給できる未来のエネルギー源を確保するために、世界中から努力を注いでいます。

日常の自然現象のエネルギーを電気エネルギーに変換する新再生エネルギー獲得技術に対する関心が高まっています。

地球の環境問題に対処するために、ユーエヌの環境開発会議から気候変化協約が採択されました。それにつれて世界は新再生エネルギー政策を積極的に推進して来ました。へドンエンジニアリングもグローバルのトレンドに合わせて、開発戦略の樹立を通じて支援を拡大しようと思います。

技術の重要性

現在EAPを利用したエネルギー獲得技術に対する研究は世界中でまだ実験の段階にあります。韓国国内のいくつかの大学や研究機関で研究が進められてはいますが、物質の特性分析や物理的特性の改善のような初期の段階にあります。

US SRIは自体開発のEAPを使い、波から5Wの電力を持続的に生成できるシステムを開発しました。

カナダのトロント大学(Toronto University)やイギリスのリード大学(Leed University)のような EAP技術研究機関がアメリカを含め全世界で急速に増えており、源泉技術の確保などでその効率性を高めて慰安す。

IPMC (EAP)関連エネルギー獲得事術はまだ研究の段階にあるため、商業科の事例はまだ報告されていないんので、市場の規模と輸出/輸入の現況の把握が不可能な状態です。

A応用分野

宇宙

宇宙から人工衛星や宇宙船などの構造物の表面に蓄積され、光学機会に深刻な損傷を与え、また太陽電池の発電効率を減少させる粒子状物質(astragmatic)が広がっていると言う事実は既に知られています。このようなほこりを除去するためにNASAはIPMC基盤の惑星ほこりのワイパーを制作し構造物の表面のほこりを除去するための研究を進めました。

医療分野

一般のガイドワイヤーを使うカテーテルの過程で大脳血管の事故率がもっと高くなる理由は、その部位の血管がより狭くて複雑であるからです。このような問題を解決するため、新しい形のカテーテル(マイクロ活性カテーテル、 MAC(=micro-active-catheter))が提案されました。 – イオンポリマーアクチュエーターを使用して血圧を測定します。

燃料電池分野

IPMC製造による価額工程で発生する現象を利用し、燃料電池及び電気分解関連の研究が出来、またこれを水素電池にも適用します。

その他の分野

圧電素材の触覚センサー、IPMCの低い駆動電圧センサーや大きいストロークを使うマイクロポンプにIPMCの使用を提案します。